洋服をかけるラック
断捨離している女性

ホテルやモデルルームのようにすっきりとした空間で過ごしたい、と思っていても、実際には物があふれてごちゃごちゃとした印象の部屋や自分でも把握ができないクローゼット、収納を上手に活用できずに部屋の隅や階段、玄関などを物置代わりに使ってしまっている、ということはありませんか。

すっきりとした暮らしをすると無駄を省いたシンプルな生活ができるため、気持ちが落ち着いたり、無駄な買い物をしなくなったりというメリットがあります。片付いた部屋で過ごす快適さを味わうことができるだけでなく、散乱している物がなければ片付けや掃除も楽になるので、家事の手間や時間を減らして時間を有効に使うことができ、散らかることが減るため部屋に物がたくさんあっていらいらすることや掃除をしなければという憂鬱な気分になることも減るのです。

すっきりとした暮らしにチェンジするためには、まずは物を減らす断捨離をすることをおすすめします。少しずつでも物を減らしていくとよいのですが、少しずつ継続して行うには根気と努力を維持する必要があり、膨大なものに囲まれている場合には最初に思い切った断捨離をしたうえで、物をさらに減らしたり、増やさないようにするための断捨離を継続していく方法がおすすめです。限られた収納スペースにおさまる分の必要な物だけをクローゼットなどに収納することがポイントになり、収納スペースに入らない、あるいは必要が無いものは思い切って手放しましょう。

物を減らすと収納が楽になり、余裕のあるクローゼットは洋服や物を見つけやすく取り出すのも楽です。しまうときにも楽になるので、片付けを簡単にできるようになるメリットがあります。家の中はもちろんですが、屋外物置も使って玄関をすっきりとさせる収納術もおすすめです。屋外物置には、何でも入れてしまうとせっかく設置した屋外物置が不用品の置き場所になってしまいデメリットになってしまいます。

屋外物置には、屋外で使う物や季節の物などをきちんと把握してしまっておくようにすることがポイントです。家の中では、収納ボックスやワイヤーラック、ラタンバスケットなどの収納グッズをうまく活用した収納術がおすすめです。物の置き場所を決めることで片付ける場所が分かり、きれいに収納することができるようになります。収納ボックスなどを増やすとしまうことができるスペースが増えたと思ってしまうデメリットもあるので、必要な物だけを持つということを忘れずに、必要な物を片付けるための効率の良い収納術をマスターしましょう。