洋服をかけるラック

どのタイプがいいのかもう迷わない!上手な屋外物置の選び方

物置

スコップや自転車、タイヤなどの比較的大きなものやガーデニング用品や車のケアグッズ、子どもの外遊びグッズなど屋外で使う物を収納するときに、玄関やシュークローゼット、シュークロークなどに片付けている場合があります。
置き場所がなければ仕方がないのですが毎日使い、その家の顔ともいえる玄関に物があふれさせるよりも、屋外物置を設置して玄関をすっきりさせることをおすすめします。

屋外物置の選び方のポイントは、サイズや用途に合わせることはもちろんですが、開口部の種類や設置場所、耐久性なども考慮して使いやすく、必要な物をきちんと整理して収納することができる物を選ぶことです。
屋外物置は、大きければ良いという物でもありませんし、小さいとしまいたい物が入らなくて結局玄関に置いてしまうということになりかねません。
用途をしっかりと考え、屋外物置に収納したい物を余裕を持って収納することができること、中に人が入ったときに取り出しやすいゆとりのあるサイズがあること、大きすぎないことなどを考慮して選ぶことが大切です。

設置場所に合わせて選ぶことも、屋外物置の選び方では大切です。
置くことができる大きさだけをはかっていたために、実際に使った時に建物の壁や塀、段差などと近すぎて物の出し入れがしにくかったり、大きなものを通すことができなかったりすることはよくあります。
収納したいものを持った人が、ゆとりを持って移動したり、方向を変えることができる程度の余裕がある場所を選びましょう。

玄関から遠い家の裏に大きな屋外物置を設置している家庭も多いのですが、おすすめは玄関に近く、すぐに行き来ができる場所にコンパクトな物置を設置することです。
収納量が多いことは魅力的ですが、行き来がしにくいと面倒になってしまい結局玄関に置いたり、しまった物を思い出せなくなったりということになりかねません。
片付けたいものを具体的に想定し、必要な大きさを確保しながらもコンパクトな屋外物置を普段使いできる場所に置くと便利です。

屋外物置の選ぶ時には、開口部の種類にも気を配りましょう。
片開きや両開き、ドアタイプやシャッタータイプなどがあり、それぞれにメリットとデメリットがあります。
開けた時に、物を持って移動や方向転換ができる位の開口部の幅があることを確認することがポイントです。
屋外物置は、雨や風、紫外線など過酷な自然環境にさらされるため、長く使うことができるように耐久性のある物を選ぶことも基本的な屋外物置の選び方のひとつになります。

屋外物置の設置場所や、どのようなタイプを購入したいのか、というイメージがある程度固まると、遂に購入に進みます。
屋外物置はホームセンターなどでも売っていますが、インターネットで屋外物置の通販サイトから買う方も近年では増えています。
ネット通販だと、ホームセンターでは取り扱いのないようなデザインのものが買えたり、配送も業者が行ってくれるためだいぶ手間が省けるため、とてもオススメです。